カリフォルニアはコーヒーに大金を費やす

9月29日土曜日は 国際コーヒーの日でした。カリフォルニア州のいくつかの都市では、Dunkin ‘Donuts、Barnes&Noble、Krispy Kreme、Peet’s Coffeeなどのコーヒーショップ等で無料のコーヒーが提供されましたが、合わせて行われた調査では、カリフォルニアの人々はコーヒーに大金を費やすことに慎重ではないことが分かったそうです。

食品注文サイトezCaterが実施した調査によると、カリフォルニア州の企業は他の州と比較してコーヒーに最も多くの費用を費やしているようで、 米国全域で6万軒を超えるレストランや外食業者から分析されたデータでは、San Bernardino(サン ベルナンディーノ市)に住む人々は他のどの都市よりもコーヒーの消費量が58%多いことがわかりました。

サン ベルナンディーノ市は、この調査で使用された8つのカテゴリのうち、5位で1位を獲得しました。

次いでサンフランシスコが2位、サンノゼが3位に入り、コーヒーに費やす金額が平均値よりも42%多かったそうです。

確かにかりふぉるに屋のまわりでもコーヒーを片手に行きかう人が多い印象。

みなさんはコーヒー飲みますか?

出展元:https://www.nbclosangeles.com/news/california/Study-California-Spends-More-on-Coffee-494651981.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です