カリフォルニアでビジネスをしよう

日本でもアメリカでも、事業を始める際に必要となることは基本的に変わりません。

しかし、会社形態や登記など法的な側面においてはその国のルールに準ずる必要があります。

ここではアメリカで起業をするための流れを開設いたします。

 

まずは大まかに5つのステップに分類してみます。

 

①ビジネスプラン作成

②会社形態の考察

③法人登記(会社設立)・ビジネスライセンス取得

④人材採用

⑤集客・営業

 

次に、それぞれのステップを見ていきましょう。

 

①ビジネスプランの作成

カリフォルニアで起業を考えた際に、まず必要となるのは、「ビジネスプラン」と呼ばれる事業計画書です。このビジネスプランは投資を募る、ローンを組む、起業を通じてビザを取得する、などといったシーンにおいて必ず必要となります。取り扱う製品やサービスは何か。どのような市場にどうやって販売し、どれくらいの収入を得ていくのか。その達成確率や可能性はどれくらいか、などが細かく記されている必要があります。この作業を通すことで、今後のビジネス過程を整理し、プランや方針が明確になっていく良い機会となるでしょう。

 

②会社形態の考察

アメリカで従業員を雇用し、事業をスタートする場合、その会社設立形態には様々な選択肢が用意されています。この形態は会社設立後に変更することも可能ですので、それぞれの特性や側面を理解し、現状の必要性に適した選択すると良いと思われます。

 

◇ Sole Proprietorship

個人経営。比較的始めやすい形態であることから、独立初期に多い形と言える。

個人の賠償責任回避の可能性…×

二重課税回避の可能性(法人税・所得税)…◯

移民ビザ取得の可能性…×

投資・売却価値…低

 

◇ Limited Liability Company (LLC)

小規模ビジネス向けの有限会社。その特徴は賠償責任において個人の責任が追及されないなど、株式会社との中間的位置づけであること。

個人の賠償責任回避の可能性…◯

二重課税回避の可能性(法人税・所得税)…◯

移民ビザ取得の可能性…◯

投資・売却価値…低

 

◇ S-Corporation

法人税と所得税の二重課税免除の措置がある株式会社の形態。外国人が株主になれないなどのいくつかの制限がある。

個人の賠償責任回避の可能性…◯

二重課税回避の可能性(法人税・所得税)…◯

移民ビザ取得の可能性…◯

投資・売却価値…高

 

◇ C-Corporation

一般的な株式会社。上場企業あるいは一定サイズを超える企業は全てこの形態。投資は受けやすいが、規則や規制が厳しくなる。

個人の賠償責任回避の可能性…◯

二重課税回避の可能性(法人税・所得税)…×

移民ビザ取得の可能性…◯

投資・売却価値…高

 

③法人登記(会社設立)・ビジネスライセンス取得

会社の登記はオンライン上で行うことができますが、手続きが複雑になる場合もあるため、会計士や弁護士に手続き全般を代行してもらうのが一般的です。納税に使用するTax IDや会社所在地の市役所からの営業許可(ビジネスライセンス)取得も合わせて、弁護士や会計士に代行してもらうことをおススメします。

 

④人材採用

人事に関して、アメリカは日本とは異なる義務や規則が多数存在します。ちょっとしたモラルの認識の違いが訴訟に発展しかねない分野ですので、素人判断せず、労務の専門コンサルタントからのヒアリングや、州の労働局情報の調査などを行い、万全の体制でスタートしましょう。職務が細分化され、各々の仕事内容を明確にすることが求められるカリフォルニアでは、日本人感覚で一人の従業員にあれもこれもお願いしてしまうということがないように、くれぐれも注意しなければならないと肝に銘じたほうが良いでしょう。労働法もきちんと勉強して、適切な対処を心掛けましょう。

 

⑤集客・営業

残されたステップは営業による集客で会社を存続させていくことのみです。アメリカのマーケットを知り、適したマーケティング活動によって、潜在顧客に会社の存在を知らせながら、ビジネスを展開していきましょう。

 

以上、カリフォルニアでの起業を簡単に5つのステップに分けてご紹介しました。

ご紹介したのはあくまで大きく分類したステップであり、一つ一つの作業には、ビジネス保険への加入や法人銀行口座の開設、雇用者番号の申請など、細かな確認事項を一つ一つクリアしていかなくてはなりません。

 

かりふぉるに屋では、日本からカリフォルニアでビジネスをスタートアップする際のお手伝いもしておりますので、

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ先

 

皆様のアメリカでの成功を心より祈っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です